おかしいぞ!電気料金

 原油価格の高騰を受けて、電気料金が値上げされている。 家庭用の電気料金は、「ブロック逓増型二部料金制」が適用されている。これは、基本料+利用料という「二部料金」と、利用料部分が、使えば使うほど、単価が高くなる「逓増型」の料金になっているということである。いわば環境配慮型の料金体系といえる。
 しかし、である。業務用は、逓増型料金にはなっていない。いくら使っても単価は変わらないのである。さらに、使用量が多い(より高圧の電力を使う)ところほど、単価が安くなっている。
 家庭用は使えば使うほどより高く、産業用は使えば使うほどより安くなる料金体系となっている。私はこの料金体系はおかしいと言い続けてきたが、まったく見直しの動きがない。そのままに、電気料金が値上げされつつある。環境配慮の観点から、家庭と同じような「逓増型」を導入してもよい産業分野はいくらでもあるのではないだろうか。