つなぎ法案、撤回

 衆参議長のあっせんで、つなぎ法案は撤回とのこと。3月末までに参議院で否決しようが、決議しなかろうが、暫定税率の維持が決まっている(つなぎ法案が可決)という状態は、参議院の議論を意味のないものにしてしまう。これが回避できたことは、まずはよかった。
 一方、停戦?合意の条件は、「3月までに結論を出す」とのこと。参議院が否決すれば、衆議院で再可決することになるので、暫定税率の期限切れ廃止、は避けられることになる。ここだけみると、野党の敗北にも見える。
 しかし、この暫定税率は、何年維持するのか、いまの税率のままでいいのか、等々、しっかりとした議論が必要。しかし、参議院の否決をまって、3分の2で衆院再可決となると、こういった議論がすべて空回りしてしまう。
 与党は、大胆な修正にも応じて、衆院再可決をなるべく回避する、という姿勢が必要だ。