なぜ出ない、民主党代表候補

 岡田克也氏に続いて、前原誠司氏も民主党代表選不出馬を表明。残る候補は、野田佳彦、枝野幸男氏の両氏。
民主党はいったい何をしているのか。
 自民党は、小泉氏が自らの派閥の票も集められないまま、総裁選出馬を繰り返して、ついには総裁に。いま、ポスト福田の一番手とされる麻生氏も、弱小派閥ながら総裁選出馬を繰り返してきた。トップを狙う意志をしっかりと見せることが、いかに大事か・・。
 特に、政権に近づいた民主党は、たんなる民主党代表ではなく、日本国総理大臣となる可能性もあるのだ。そのポストを争おうとする人材に欠けるのでは、政権を担う能力自体が問われてしかるべきだ。とくに、消費税を上げるかどうか、など党内の政策は決して一枚岩ではない。だからこそ、代表戦では政策を掲げて戦い、その勝者の政策が民主党のマニフェストとなる。
 なんとか、民主党代表選がしっかりとした政策論争の上に行われることを期待したい。