びっくり!郵便と太陰暦

 21日(月)、ホテルオークラで「郵便記念日式典」。勤続30年を迎えた社員の方々が表彰されていました。私は大学卒業後大学院に行き、また、東海大学10年間勤務後、東洋大学に。とても勤続30年にはならないのですが、大卒で仕事に就いていればちょうど30年ほど。
 ですから、会場で受賞していた方たちとはほぼ同年代。他人事ではない気持ちになっていました。
 さて、この郵便記念日、明治4年の郵便開業の日を記念したもの。開業日は3月1日なのですが、記念日は4月20日(おそらく、今年は日曜日だったので、一日ずれて21日になったのだと思います)。そのずれは、太陰暦と太陽暦にあります。思い返すと、明治政府が太陽暦を導入したのがたしか明治5年ですから・・・。
 今まで、あまり意識せずに、郵政国営136年の歴史、なんて話してきましたが、発足時は太陰暦だったんですよね。改めて、郵便の歴史の重さを実感しました。
 それにしても、今回勤続表彰を受けた方々、国家公務員で採用されて、まさか「社員」で勤続30年を迎えるとは思っていなかったでしょうね。