アメリカは社会主義か?

 アメリカ自動車産業のビッグスリーが「公的支援」を求めている。
 たとえば、すでに支援を受けている金融機関は、預金者保護など政府の規制が必要な産業である。かつて日本でも銀行に公的資金が注入され、また事実上の国有化もあった。
 しかし、自動車産業となると話は別だ。この産業は基本的に、世界市場の中での自由な競争の中にある。その産業全体に補助を出し、その産業の主要な企業=ビッグスリーを保護するとなると、これは「産業」の国有化、社会主義の政策である。
 かつてアメリカは、クライスラーを公的に支援したことがある。もちろんこの施策の是非は問われるところだが、今回と違うのは、経営難に陥った「一企業」の支援が、「産業」の支援かにある。
 一企業であれば、経営に失敗することもあろう。しかし、産業全体となると、その産業の国際競争力が失われたということである。その産業の主要企業に個別に支援を行って、その産業自体が復活する保障はない。その一方で、自由な国際競争という視点から見ると、政府に補助されたアメリカ自動車の輸出は、補助による輸出となる。自由貿易の根幹を揺るがすことにもなりかねない。
 この問題は、世論を見つめつつあるアメリカ議会の判断にゆだねられている。「自由」の国、アメリカの判断に注目したい。