オークス

 競馬の醍醐味の一つが、先行の有力馬と、追い込みの有力馬のバトル。道中、大きな差がつく二頭が、お互い意識しあっていて、ゴール直前にたたき合いに・・。
 その醍醐味そのものが、今年のオークスでした。桜花賞を戦った二頭が、最後に鼻差の勝負。それも追い込んだブエナビスタの勝利。鳥肌が立つような名勝負だったと思います。ただ、ブエナビスタの鞍上、アンカツ騎手は超一流というには、ちょっと力不足。結果的に馬に助けられた感があるのがちょっと残念でした。これが、武騎手や、ペリエ騎手だったら、もう少しラクに勝てたかもしれません。
 オークスは、テレビ観戦でしたが、ダービーは競馬場に行くつもりです。鳥肌がたつような名勝負を期待したいものです。