サッカー、日本代表!

 サッカーで「ワールドクラス」という言葉がありますが、昨日は、そのワールドクラスのプレイを見られてご機嫌でした。最高のゴールは、中村俊輔から相手のディフェンスの裏をついて走り込んだ闘莉王へのロングフィード。
 センターバックの位置から、チャンスと見て、相手のゴール前まで走り込む闘莉王にまず「ワールドクラス」の称号。その闘莉王を見ていて、ズバリのロングフィードを出した中村俊輔にも。ふつうはそのボールを、自分でトラップしてシュートを打ちたくなるもの。それを、走り込んだ大久保を見ていて、ヘディングでパスした闘莉王にもう一つ、称号。このプレイが一番かもしれません。そして闘莉王に遅れながら、ゴール前に走り込んでいて、ゴールを決めた大久保もスゴイ(これは、ワールドクラスとまでは言えませんが・・・)。
 セリエAなどでもなかなか見られないすばらしいプレイだったと思います。