サッカー三昧・・・

 このGWは、サッカー三昧でした。4月29日は、味スタで、FC東京vs大分。5月3日は、NACK5で、大宮vsFC東京、5月6日は、味スタで、FC東京vs名古屋。その間の5月4日は、自らサッカーをやって、ヘッディングのオウンゴールを初体験。
 FC東京は、この3試合を2勝1敗。昨日は名古屋に負けたんですけど、まあ、いい試合でした。PKを含めて、3発の決定的なシュートをはずした、FWの近藤祐介選手が、試合と半泣きでへこんでいたのが印象的。すべていいシュートだったので、運がなかっただけだと思います。ファンの方も、へこんだ近藤選手に声援を送っていました。
 3日の、NACK5スタジアムは、大宮の本拠。改装工事が終わって、今シーズンから使用を始めたところです。こじんまりしたサッカー専用スタジアムで、観客と選手の距離が近いので、大変な迫力。このスタジアムで隣り合わせになって話をしていたFC東京のファンの方が「味スタよりいいなあ・・・」なんて言っていたのが印象的でした。大宮公園の中のこのスタジアム。どの席でもサッカーの醍醐味を味わえる、超おすすめスタジアム。東京戦でなくても、また行きたいと思っています。
 ただ、問題は、というより大問題は、指定席が座席指定ではなくて、エリア指定であること。早く行かないと、いい席が確保できないばかりか、遅く来た人は席がなくて、階段に座っていました。まさか席数以上に券を発行ということはないのでしょうが、他のエリアから移動してきてしまった(それが可能なのです)人もいたのかもしれません。
 ファンサービスの基本として、これはなんとかすべきでしょう(座席にはちゃんと席番がついていますから、チケット発券時に、席番指定するだけの問題だと思います。)
 6日の味スタでは、心配事は「芝」でした。3日、4日と、ヒデ追悼コンサートが味スタで開催されていました。契約したばかりのwowowで、この様子がOA。早速観たのですが、サッカーフィールドが「アリーナ」として数万人のひとで埋め尽くされていました。2日間に渡って、芝の上で(シートなどはもちろんかぶせていますが)はねていたわけですから、芝のダメージが心配されていました。
 しかし、6日の試合を観る限り、芝の状態は万全。(実は、この追悼コンサートも行ってみたかったのですが・・・)。まあ、大丈夫との確信があったからこそのコンサート使用だったと思いますが。それにしても、選手は(私も・・)中二日、芝は中一日。それぞれ大変なGWだったでしょう・・・。