サッカー浦和戦のスーパースロー映像

 10日(日)の、浦和・川崎戦で、TBSがスーパースロー映像を流していました。通常のテレビが毎秒30コマなのにたいして、テレビ朝日などがサッカー中継で使っていたスロー映像は、たしか100コマ。それが、今回のTBSは、なんと1000コマ。
 サッカーボールの回転が、美しくゆっくり見える映像は、科学映画、を見ているようでした。試合の中身より、映像におもわずみとれてしまっていました。
 一方、9日(土)の東京戦。平山が久々の先発出場。見事な活躍でした。それまでの城福サッカーの戦術は、ロングボールをカボレにあわせて蹴り込むもの。おそらく、カボレがそのボールを受けられるのは、20本の1本ほどだったのではないでしょうか?
 平山は、蹴り込まれたロングボールをしっかりと受け止めていました。まったくくさびになれないカボレにボールをあわさせ続けた城福采配にあらためて???でした。平山はヘディングも、パス出しも合格。平山を中心に据えるサッカーをすれば、今後、勝ち点が期待できるのではないかと期待できる一戦でした。