サンプロ

サンデープロジェクトで、国債発行派の亀井静香さんとちょっとしたバトルになりました。欧米の主要国は、政府等の借金の比率は、6割(対GDP)、日本は14割!!。 ということは、主要国並みになるためには、今700兆円の借金を、300兆円に減らさなければならない。こういった状況の中で、借金をどんどん増やせばいい、という亀井発言にはどうしても納得できませんでした。世界の常識だと、6割(日本の場合、300兆円)で、なんとか次の世代に負担を残さない水準となっています。700兆円をさらに増やして、次の世代には負担がいかない、とはどうしても考えられませんよね。