トヨタ凋落と電気自動車

 トヨタの凋落が著しい。トヨタなら、自動車各社の販売減少の中でも多少の健闘は期待できたはずなのに、むしろ減少率は他社より大きい。トヨタ凋落、といってもいい事態だ。私は、その象徴は、電気自動車開発の遅れに見られると思う。
 三菱、ダイハツ、日産に比べて、トヨタは電気自動車開発で大きな遅れをとった。技術的には、ハイブリッド車で世界の先頭を走っていた。極端な話をすれば、ハイブリッド車からガソリンエンジンをはずせば、電気自動車になるわけだから、トヨタは他社に先駆けて電気自動車を発売することは可能だったと思われる。
 しかし、トヨタは、電気自動車ではなく「プラグインハイブリッド」の発売を先行させるという戦略をとった。プラグインハイブリッドとは、直接充電できるハイブリッド車のことである。家庭用電源などで充電して走行し、それがなくなってから、ガソリンエンジンで走行するというものである。
 私はプラグインハイブリッド車について、「エンジンも、モーターも、ガソリンタンクも、電池も搭載している。こんなものが、環境にいいわけがない」と言ってきた。しかし、なぜトヨタが電気自動車発売に踏み切らなかったか、に興味がある。私の読みは、電気自動車となれば、エンジンは不要となり、変速機も不要。こうなると、自動車の部品産業のあり方が大きく変わってしまう。
 多くの系列部品メーカーを抱えるトヨタが、エンジンと変速機を捨てられなかったというのが、真相ではないのか?
 こういった巨体であるがゆえの、電気自動車の開発の遅れが、トヨタの凋落のひとつの要因なのではないだろうか?