パンダ

 私は、かつて北京動物園で、大人・子供のパンダ10頭ぐらいが泥だらけで遊んでいるのを見てから、完全冷暖房の上野動物園のパンダにはなんか違和感を感じていました。
 さて、GWの最中に、上野動物園のパンダ、リンリンが亡くなるとのニュース。寂しいニュースでした。それが一転、政治マターに。福田総理は、ちょうど来日する胡錦濤国家主席にパンダレンタルをお願いするとのこと。一方、石原都知事は、「生きてるものは死ぬんだから。パンダだって死ぬだろうし。世界は狭くなったんだから、見たけりゃいるとこ行って見てきたらいい」、と素っ気ない対応。 福田総理と、石原都知事。中国に対するスタンスの違いが、パンダに見事に表れていますね。福田総理が、パンダレンタルを決めて、都知事が「そんなのいらない」といったら、どうなるのでしょうか?ちなみに、上野動物園は、国営ではなく、東京都営!です。(管理は、指定管理者制度により東京動物園協会)
 ところで、中国へのスタンスは、石原知事に近い小泉元総理。胡錦涛主席の来日の行事には、すべて出席しないとのニュースが流れています。(ちなみに、X JAPAN hide の追悼ライブの招待も断ったとか・・・)。小泉さんのパンダへのコメントを聞いてみたい気がします。