ホリエモンと構造改革・・・

 ホリエモンと「サンダル論争?}をしてふと思ったのが、広島から小泉構造改革を支持して、亀井静香氏の対抗として立候補してから、もう4年近くたっているのですねえ・・・。あのころの、構造改革の熱気は見事に消え失せてしまいました。ホリエモンは結果は落選でしたが、彼の立候補が、構造改革の雰囲気を大きく盛り上げたのは間違いありません。
 また、もう一つ思い出したのが、株の専門誌の編集者の一言。ホリエモンが、一般の多くの方を株式市場に誘い込んで、事件とともにその人たちが去ってしまったと・・。もちろん、雑誌の売れ行きも大きく落ち込んだ、とか。
 やはり、ホリエモンは時代の寵児でしたね。彼が拘置所を出たその日、私はテレビでコメントをしていました。「ホリエモンは精悍になった。やせただけでなく、目に力がある。今後に期待できる。」と話したのを思い出しました。『徹底抗戦』を読んで、それが間違えていなかったことを確認しました。
 それにしても・・・、かわらないのが、その総選挙で自民党がとった議席ですね。その議席にあぐらをかいて、反構造改革路線を突っ走る麻生総理。どう考えても問題ですよね。