マクロ政策なき政府とは・・・

 自民党政権では、経済財政諮問会議が、国全体のマクロ政策や予算を司っていた。予算も、まず省庁縦割りを超えて、「骨太の方針」を決め、そこからシーリングが決まり、各省庁が概算要求。
 その経済財政諮問会議を止めたのに、その替わりになるはずの「国家戦略局」が機能せず。縦割りを止める司令塔がないのだ。結局、各省庁に概算要求を任せてしまった。マニフェストの金額が大きい省庁は、どんなに自分のところの従来予算を削っても、概算要求がふくらむのは必至。
 民主党は、マニフェストの原資は、縦割りを是正したり、特別会計から捻出するといっていたはず。90兆円予算に、40兆円の税収。差額はすべて赤字国債にするのか?さらに、第二次補正も加えれば、さらに赤字は拡大。
 1日も早く、日本経済全体のマクロ政策や、国家予算全体をコントロールできるはずの「国家戦略局」。1日お早く動き出さないと、日本経済は大混乱になってしまう。