ミルキーと歯医者

 好きだけど相性がわるいのが「ミルキー」。おそらく5回目ぐらいになるでしょうが、19日、ミルキーを食べていて歯の詰め物が取れてしまいました。そのたびに、もうミルキーは食べまい!と思うのですが、ついつい・・・。そこで、あわてて歯医者へ。
 私は、自分の身は自分で守る主義。タクシーで運転が危ないと思えば、すぐに下車します(でも、乗車中に事故にあったことが3回あります。今まで何千回かは乗車しているのでそんなに高い事故率だと思いませんが・・・)
 こういう主義だと、一番ハードルが高いのが医者ですよね。自分の身を任せるのですから。残念ながら、日本の医療システムでは安心して身を任せられる医者や施設はまずないのではないでしょうか?一度、歯医者で麻酔のやり方が気に食わず、途中で治療をやめさせたこともあります。「本当にここで治療中断ですか?」と歯医者さんも驚いていましたが(苦笑)。
 でも、「上から目線」になりがちな医者に対抗するには、このくらいのことはしないと。そもそも、こちらが料金を払いサービスを受ける側なのですし・・。
 今までのところ、残念ながら信頼できる医者に出会ったことはないのですが、今通っている歯医者だけは信用しています。昨日は身を任せて(笑い)、ミルキーで取れた詰め物を入れ直してもらってきました。
 リスク管理が必要なのは、自分自身にも・・。22日は、なんとキーホルダーをなくしてしまいました。しかし、常時予備の鍵を持っていたため、寒夜に締め出しをくう事態は避けられました・・・。