一足はやい、「花見」

 東京のサクラの名所、千鳥ヶ淵。サクラの時期にあわせて、ここにある山種美術館が、サクラの絵の特別展を開催します。千鳥ヶ淵のサクラを見て、フェアモントホテルでお茶をして、山種美術館でサクラの絵を見るのが、最高の「花見」でした。
 しかし、フェアモントホテルが閉館。そして、山種美術館も、今年、広尾に移転。今回が、最後のサクラ展となります。サクラが咲く前に、この特別展を見てきました。奥村土牛、横山大観らの見慣れた絵の中で、私の目を引いたのが、千住博氏の「夜桜」。大家の絵の中でも、一歩も引けをとらずに異彩を放っていました。
 今秋開催の広尾移転の記念特別展が、速水御舟展だそうです。同美術館秘蔵の「炎舞」がきっと見られるはずで、今からワクワクです。