中国の防空識別圏を考える①

2014年2月12日(水)、衆議院予算委員会で日本維新の会の石原代表が、日本・台湾の航空路の危険性について、1983年の大韓航空機がソ連軍機に撃墜された事件を引き合いにだして言及した。私は、これは重要な警告だと思う。

ことの発端は、2013年11月23日、中国が、尖閣諸島上空などを含む東シナ海の広い範囲に、防空識別圏をAir Defense Identification Zone, ADIZ設定したことにある。この範囲は、日本の防空識別圏と大きく重なり、日中間の緊張が高まることが懸念されている。石原代表の指摘は、この中国の防衛識別圏には、日本の民間航空の日本・台湾の空路が含まれることによるものだ。

防空識別圏とは、領空侵犯に備えるため領空の外側に設定した空域である。当該国が公表し、圏内に入る航空機には、国籍確認などのため事前に通過位置、通過予定時刻の報告を求めるものとなっている。報告なく侵入した場合は、国籍不明機と判断され、迎撃戦闘機のスクランブルの対象となる。

このため、日本航空や全日空は、いったん中国の防空識別圏に従って台湾航路の事前の報告を行う方針を決めたが、現在は撤回している。石原代表は、太田国土交通大臣に「現在も、中国の防空識別圏を通過する民間航空機は事前の報告を行っていないのか」という旨の質問をして、大臣から「していない」との答弁を得ている。この事態にたいして、石原代表は危険な状態だとの認識を示したのである。