公務員制度改革

 いま、政府が「公務員制度改革」に取り組んでいる。内閣人事庁や、政治家と官僚との接触制限などが話題を呼んでいるが、私は、キャリア制度の廃止は革命的な事だと思っている。
 一般企業で、大卒を「必ず取締役以上になれるもの」と、「取締役にはなれないもの」と分けて採用するところがあるだろうか?公務員制度の中での、キャリアとノンキャリアの差別が、どれだけ組織の活力や柔軟性を奪っているか・・・。
 今回の改革で、このキャリア採用制度が廃止されることは、大変な改革である。
 ちなみに、この制度改革を審議した「公務員制度の総合的な改革に関する懇談会」の第9回議事録。なぜか「議院内閣制」が、すべて「議「員」内閣制」に。どういう議事録チェックをしているのか・・・。ちょっと見たことのないミスなので、おもしろいのでぜひ↓を覗いてみてください。(例えば、1ページ目、下から7行目とか・・・・)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/koumuinkaikaku/forum/h191207/pdf/gijiroku.pdf