前空幕長、懸賞自体がやらせではなかったのか?

 防衛省の田母神・前航空幕僚長は、アパグループ主催の懸賞論文でトップとなり、その内容が問題とされている。さらに、この懸賞に自らの部下などが大量に応募していることも明らかになった。
 私は、部下がトップとなり、幕僚長がそれ以下となる可能性は否定できないと思う。幕僚長自身が、もしそういった事態を想定していたら、部下に応募を促すだろうか・・・。自らがトップになることの確信があったからこそ、部下に応募を促したのでは、との疑念が浮かぶのは当然のはずだ。
 この懸賞の審査の公正性も、しっかりと国会で追及してもらいたいものだ。