動燃

読売新聞の論説(17日)に動燃について書きました。このような論説は,ふつうは1週間ほど前には原稿を入れちゃうのですが,事態が動いている最中ということで,15日夜に入稿。当日中にチェックを済ませて一安心。16日朝起きたら,例のふげんまでストップしたという記事が一面のトップに。午後には事故の虚偽報告で動燃などが告発されました。慌てて,16日夜に原稿の修正作業に。筋を通して書いた原稿から,ある部分を削って,あらたにふげんの事故と告発について挿入するわけですから,これは大変でした。えーっと,ここに何字入れるから,何字削って…なんてことを慌ててやっていました。その苦労の成果が「論点」ですので,ぜひご覧ください。このページの論説コーナーにも掲載する予定です。(面白いので,削った部分も復活させましょうか)