参院新党、たかが5人、されど5人

 民主党は参院で比較第一党。3人が離党してもその地位はまったく揺るがない。しかし、過半数となると話が違う。
 小沢氏が国民新党にすり寄ったのは、なんとしても民主党中心に過半数をえたかったから。しかし、3人離党、無所属2人も自民党よりの姿勢を鮮明にしての新党参加。こうなると、社民党あるいは共産党などとくまなければ、参院過半数には到達できない。
 衆議院選で、自民が過半数を割るとの予想も。自民・公明が相対多数を取っても、過半数には届かず、参院では相対多数の民主が過半数に届かず。こんな事態の可能性が高くなってきたのでは?
 この複雑な連立方程式を解くのはどうすればいいのか?日本の政治の混乱は、数年は続きそうだ。