報道ステーションにビデオ出演

 23日(木)放送の報道ステーションの「郵政民営化特集」に、ビデオで出演しました。2007年10月の郵政民営化の直前に作られた「郵政公社関連法人見直し委員会」が、取り上げられました。この委員会は、私が委員長を務め、公社が219もの関連法人を持ち、そこに2000人もの天下りが行っていた事実を明らかにして、それを止めました。
 この委員会を作り、全面的に作業をバックアップしてくれたのが、西川善文社長(当時公社総裁)でした。
 この委員会で、メルパルクなどを運営していた「ゆうちょ財団」は、メルパルクなどを切り離すことで、99%の業務がなくなり、事実上、自然消滅すると見ていました。しかし、この財団が、なんと100億円近い資金を持ち逃げしていたことが、後になって判明しました。
 いま、財団がやっている仕事は、1%残った、研究支援などの業務。このためだけに、100億円近い資金が必要ですか!どういう法的手続きがあるかどうかはわかりませんが、なんとしても、国か郵政に返すべきですよね。