姫井議員

 新党参加を表明し、民主党に離党届を出していた姫井由美子議員、離党を撤回し民主党にとどまることに。記者会見をドタキャン、新党関係者にも連絡なしという、人の道に反する行動だ。無定見きわまりない。
 自民党参院の重鎮だった片山虎之助前議員は、「こんなのに負けたのか」と愕然の思いではないか。姫井議員の説得にあたった菅直人氏、どんな手形を切ったのだろうか?
 民主党は、貴重な1議席を参院で取り戻したのだが、このような定見のない人物を党内に引きとどめたことが、本当に党にとってプラスだったのだろうか??
 ふと思い出すのが、小沢氏の党首辞任騒動・・・。そういえば、党首も辞意撤回だったっけ!!