学生に負けた・・(超高級イヤホン)

 ソニーの手作りイヤホン、28,000円を衝動買い・・。店頭で音質を聞き比べたら、4-5000円のものとは顕著な違いが感じられたので・・。iPODにつないで、ご機嫌でした。
 今日の大学のゼミで、自慢して学生たちに、超高級イヤホンを回して聴かせてみました。「確かに違う」なんて声がでて、ふむふむ、と・・。ところが、ゼミが終わると一人の学生が寄ってきて、自分のiPODを持ってきて、「僕はシュアのイヤホンを使ってます」と。お値段は、3万円以上。完敗でした。
 その学生もミスチルファンで、二人のiPODに同じミスチルの曲が。そこで、急遽、聞き比べ会開催。残念ながら、音質の差は、数千円の値段以上。ここでも完敗でした。
 がっかりして、大学院のゼミでそのことを話すと、一人の院生が、「100時間、大音量で使ってから、本来の音質が出る」とのアドバイス。昔のクルマにあった「慣らし運転」みたいなものですね。さすがに、100時間聞く閑はないので、耳に装着せずに、延々と音を出しているところです。これで、来週のゼミで聞き比べて、どうか・・、ですね。
 ちなみに、ゼミの教室で聞き比べの最中、他の学生に「ミスチルで聞き比べてもしょうがないのでは?クラシック音楽とかで聞き比べないと」・・・、と茶化されたのですが、それも一理ありですねえ・・・・。