「教育への揺るぎない情熱を有していること」(学長選考基本方針2)

ICTを活用した教育方法の開発に早期から取り組み、自らの講義にも取り入れるなど、教育と研究に傾ける情熱は際立っております。(推薦理由書2)

高橋豊美副学長(代表推薦者)

ICT活用実証研究特別講義
2019年6月20日、文部科学省伯井美徳高等教育局長ら参観のもと、ICT/AI活用実証研究特別講義を行いました。

高等教育推進センター長メッセージ全文】(動画インタビュー付き)
 本学では、スマートフォンなどを用いて、講義で双方向のやりとりが可能なシステム(respon)を導入している。学生に択一式で意見を募れば、瞬時にその結果がプロジェクターに円グラフなどで表示される。
 また、ひとりひとりの学生の意見も表示され、その場で代表的な意見にコメントすることもできる。私はこれを活用して講義をおこなっているが、講義を見学したresponの担当者は、「先生が、100人の受講生全員と対話をしているようだ」との感想を述べてくれた。

学生自由記述文(レスポン)のAIクラスタリング
(株)レスポンが、講義中の学生の自由記述文をAIによってクラスタリングする機能を、本学の協力のもとに開発しています。そのプレスリリースです。

⇒意向投票 特設Website、トップへ