官僚のサル知恵

特殊法人を長く研究してきたものとして,唖然とした官僚のサル知恵。 1.東京湾横断道路の赤字を,黒字の京葉道路に押し付けたこと。これには,びっくり。京葉道路とアクアラインには直接の関係はないわけですから。このお陰で京葉道路の無料化は,はるか先の話に・・・・ 2.同じような意味では,高速道路の「料金プール制」も。東名などの黒字で,地方の赤字確実?路線を作ろうというもの。 いずれも,黒字を国民に返す(無料化)などは一切考えずに,ともかくそれを食い尽くす,という魂胆がミエミエ。同時に,赤字の責任回避にもなるというわけです。 その同じ手法を,3空港一体民営化でまたやろうとしています。関空の赤字を,成田の黒字で補填しようという手法。本来,もっと安くできる成田の着陸料(世界最高として有名)を,関空にまわそうというものです。さらに,空港建設と運営を分離(上下分離)しようとしています。ひどい話です。さらに,この状況の中で,関空は二期工事を進め,そのうえ,中部国際空港まで建設中です。 道路の建設中止だけでなく,これらの空港建設もいったん凍結しないと,大変なことになりますよ。官僚のサル知恵に対抗すべく,「脱ダム宣言」ならぬ,「脱空港宣言」を出せる政治家はいないのでしょうか・・・。 (ちなみに,特殊法人の情報公開で,関空は対象になりたくなくて,大騒ぎしていました。しかし,私をはじめ,情報公開委員会では,断固,関空を情報公開の対象法人としました。もし,対象外としていたら,と思うと,ぞっとします。)