小沢一郎と小泉純一郎

 小選挙区と中選挙区の選挙戦術の違いを、しっかりと認識していたのが小沢一郎と小泉純一郎ではなかったか。
 中選挙区は、4人区であれば、4番目に滑り込めば「当選」。一部の集票団体をまとめあげることで、当選できるのだ。しかし、小選挙区となると、1位、つまり投票の過半数を取らないと当選できない。集票団体頼みでは当選がおぼつかない。
 小泉氏は、自民党の議員に、目の前の支持団体=集票団体ではなく、その後ろ?の有権者全体を見ろ、と繰り返し説いていた。有権者に直接訴えろ、ということだ。
 小沢氏も、民主党の労組系の議員の選挙活動を見て、驚いたようだ。労組=集票団体にお任せで、まったく議員としての地元の政治活動をしたいないのだ。そこで小沢氏は、選挙区でしっかり日常活動をしろ、と民主党議員に訴え続けた。いわゆる「どぶ板選挙」を強いたのだ。
 今回の総選挙は、小泉郵政選挙の前回とならんで有権者全体=世論の動向で決まる「小選挙区」の象徴的な選挙となろう。日本に健全な民主主義が根付いたということだろう。