小沢代表とカネ

 小沢氏が、秘書の起訴を受け、涙を流して続投宣言をした。この涙を信じるかどうか・・。
 いま、問題となっている小沢氏の政治団体「陸山会」。3年前に、週刊現代が不透明な不動産保有を記事で糾弾した。そもそも、政治団体が政治献金を大量に余らせて、不動産を購入すること自体が不自然といわざるを得ない。また、小沢氏の個人の資産なのか、政治団体の資産なのかも不透明だ。
 しかし、この問題を最初に指摘した週刊現代に対して、小沢氏は激怒し、名誉毀損で告訴した。しかし、東京地裁、東京高裁ともに小沢氏は敗訴している。
 その10億円もの陸山会の不動産の一部は、西松建設の資金だったのか、と疑いたくなってしまう。こういう、周辺に疑問をもたれる、小沢氏の政治資金の流れを見ると、「涙」を信じる気にはどうしてもなれない。