小沢代表の国会「戦術」を憂う

(本記事、一部修正しました)
 補正予算、テロ特措法と、国会では自民・公明の与党と、民主党が事実上大連立の様相。これは、民主党がともかく問題法案を通して、解散へという国会「戦術」によるもの。
 しかし、重要法案への賛否は、党の基本姿勢が問われるもの。補正予算に賛成と言うことは、民主党は政府・与党の経済政策に賛成した、ということになる。テロ特措法成立に徹底抗戦しない、と言うことは、事実上民主党は政府・与党の外交の基本姿勢に抵抗を示さなかった、ということになる。
 こんなことで、次の衆議院選のマニフェストはどうするのだろう?臨時国会で賛成したことに反するマニフェストをつくっていいんだろうか?もしそんなマニフェストが出てきたら、ほんの1,2ヶ月前の民主党の方針が大転換したのか?と国民は疑問に思わないはずがない。
 小沢氏は、政策という大きな「戦略」を捨てて、国会での小技・戦術に走ってしまっているのではないか?戦術はたしかに与党を追い詰めるにふさわしいもの。さすが老獪な政治家だ。しかし、かつて「日本改造計画」をまず掲げ、その大きな戦略の下に、政権獲得に走った彼はどこに行ってしまったのだろうか?
 このままでは、与野党ともにまともなマニフェストは出てこない(出せない?)ような気がしてならない・・・。