小沢辞任、田原総一朗コメント

 5日各紙の論評を見ていて、秀逸は日刊スポーツの田原総一朗氏の(菅、鳩山らの)「素人集団に愛想が尽きたんだろう」というコメント。特に田原さんらしいのは、小沢氏が「私から連立をもちかけた」、という報道を事実無根としたのにたいして、読売はそのように「読売新聞も報道した」として上で、「確実な裏付けとをったうえでの報道だ」と反論。
 この激しい対立にたいして、田原氏は「どちらが仕掛けたかは、どっちでもいい話。」と『そんなの関係ない!』と。
 やはり、小沢氏が民主党の政策を実現するには、自民党がなんでも言うことを聞かざるを得ない今しかない、という読みを受け入れない民主党の「素人集団」に嫌気がさしたという田原氏の分析は、正鵠を得ていると思う。
 今後は、参議院で与野党再逆転にもっていくだけの人数を、小沢氏がまとめられるか、とかいろいろな政治的な選択肢が話題になっていくだろう。ただ、田原氏が言うように「小沢さんの次の一手はわからない」、ですね。