小泉元首相引退

 小泉氏が引退表明。潔い決断ですね。「改革」ともかく体力が必要なもの。前後左右、足下からも弾が飛んでくる。そんな激務を5年以上続けたら、もうお疲れ、ですよね。
 麻生内閣は、反構造改革の露骨な政策を並べています。いくらでも財政を使っていい、などの声も・・。さらに財政金融分離も否定の方向に。
 小泉氏に、そのチェック役を期待したいのだけど、5年のバトル、お疲れ様としか言うしかありません。あるテレビ番組で、鳥取県の改革派の片山前知事と「ポスト片山はどうなってもいいのか?」と聞いたところ、県民の選択だ、と応えていました。まさにその通りで、麻生内閣は自民党全体の選択であるわけです。同じく改革派の福島前我孫子市長も、後任にはそっけないほどの対応でした。
 自分の後任を、なんて考える人が、引退後も「老害」をふりまいていくんでしょう。
 ともかく、小泉さん、お疲れ様でした。