小規模改造vs故人献金

 総選挙が近いのに、自民、民主両党とも迷走していますね。総裁選前倒しによる麻生下ろしに対抗するための「内閣、党人事」は見事に頓挫しましたね。麻生氏の求心力は見事なまでに低下。ますます麻生氏による解散は難しくなったのではないでしょうか?
 一方、民主党。あまりにヒドイ「故人献金」ですね。政治資金規正法は、政治資金の流れを透明にしようというもの。それが不透明だったのですから、鳩山代表の責任は重大だと思います。特に政治家個人鳩山氏と、政治団体との資金のやりとりが不透明だ、ということは、鳩山氏個人の所得や資産の管理もいい加減だったということになるのではないでしょうか?
 麻生vs小沢が、麻生vs鳩山、となりました。自民の側はおそらく麻生を変えてくるので、???vs鳩山、となります。ただ、民主の方も、鳩山のままでいけるのかどうかは、これからの鳩山氏の政治資金の事実関係の出方や世論次第。となると、自民Xvs民主Y、という今まで想定していなかった党首同士のバトルになる可能性も・・・。
 両党とも、誰がトップになろうともぶれない、しっかりとしたマニフェストづくりが必要になってきましたね!