小野絢子さんのバレーに感動!!

 長男の同級生で、小学生のころからよく知っている、小野絢子さん。小林紀子バレーシアターから、新国立劇場のバレー研修生に。そして、11月16日(日)、D・ビントレーの新作「アラジン」で、主演デビュー。
 彼女の踊りの前に、じつは私はバレーは敬遠していました。オペラも、歌舞伎も、狂言も大好き。未挑戦の文楽も早く見たいと思っています。でも、なぜかバレーにだけは触手が動かず。でも、今回、小さい頃から髪をひっつめにして外股であるく彼女をよく見ていただけに、その彼女の新国立デビューとならば、とバレーに初挑戦となりました。
 その初挑戦のバレー。これほど、バレーにエンターテイメント性が高いものがあるか、というほど、サービス精神旺盛の演出でした。私が歌舞伎で勘三郎が好きなのは、そのサービス精神や、彼の演出のエンターテイメント性の高さ。それを彷彿するビントレーの演出でした。
 そして、小野絢子さんの踊り・・・。とてもこれが初主演とは思えない、堂々としたもの。スタイルが良く、長い手足を活かしたのびのびとした踊り。ステージ上で大きく見えました。小柄だった彼女が背が伸びて大きくなったと思ったほどです。終演後彼女と会うと、相変わらず小柄で「ステージで大きく見えたのに・・」と言ったら、「背は一番低いんです」と話していました。
 彼女は、「世界初演のこのプリンセス役が、新国立劇場での主役デビューになりますね。」とのインタビューの問いに、「すごいラッキーガールだなと自分でも驚いています。作品を一から創っていく中にいるのも滅多にないことなので、本当に貴重です。」と答えています。その運もまさに実力のうち。今後の彼女の踊りに注目するとともに、バレーもこれからは見るようにしよう、と思っているところです。