川渕キャプテンの引退を思う

 私は、東京オリンピックで川渕チェアマンが現役選手としてヘディングで点を入れたのを見たものとして(たしか、小学校4年生・・・)、彼のJリーグチェアマン、そして協会キャプテンとしての手腕に注目してきました。
 彼がすごかったのは、すべてプロ野球とは異なるビジネスモデルをサッカーに導入したこと。ファンとよばせずに、「サポーター」。巨人のような人気チームは作らないと、地域密着型のチーム作りを推進。読売のナベツネさんとのバトルは記憶に残っています。チーム名に「読売」を冠したいナベツネさんとそれを認めない川渕さんとが激突。結局読み雨林新聞がヴェルディから撤退して、日テレが引き受ける事態に。
 しかし、プロ野球の巨人人気の低落とそれにともなう、プロ野球自体の地盤沈下を見ると、川渕路線の正しさが結果的に証明されたようにも思います。
 一方、今回の会長人事に見られるように彼の独断専行も目立ちました。川渕さんを継ぐ犬飼氏は相当なプレッシャーでしょう。しかし、日本代表にたいして「たるんでいる」発言はいただけない・・・。抽象的にたるんでいる、といったところで何も変わらない。監督の姿勢なのか、ある特定の選手なのか。どうすればたるまなくなるのか?
 こんな発言をしているようでは、先が思いやられます・・・。