心配な「国家戦略局」

 民主党マニフェストの目玉の一つが「国家戦略局」。官僚主導、縦割り行政の打開を狙って、作られるこの局、当初は菅直人氏を担当大臣、古川元久氏を室長に発足した。実は、この機能は、橋本内閣の行政改革会議で導入が決められた「経済財政諮問会議」がある。これを廃止しての、戦略局の設置を民主党は目指している。
 おおいに結構である。諮問会議よりは、より強い権限を戦略局はもってもらいたいものだ。しかし、いくつかの情報によると、菅直人氏が、党内からも官僚からも孤立傾向で、この戦略局の地位が揺らいでいるという。ここは、なんとしても民主党、そして菅直人氏にふんばってもらって、政治主導の先導役となる国家戦略局が1日も早く機能することを望みたい。