我田引鉄、九州新幹線

 整備新幹線の建設では、平行して走る在来線の経営をJRは手放すことが原則。新幹線が建設されると、並行して走る在来線は、稼ぎ頭の特急が廃止されるなどして経営が厳しくなる。このため、JRは並行在来線の経営を免除され、その在来線は地元が第三セクターの形で引き継ぐなどすることになる。
 今まで、長野新幹線ができたことで、信越本線の軽井沢駅-篠ノ井駅間はしなの鉄道に譲渡され、横川駅-軽井沢駅間は廃止(バスで代行)された。また、東北新幹線の盛岡以降の延伸で、東北本線の 盛岡駅-八戸駅がIGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道に譲渡されている。また、九州新幹線で、鹿児島本線の八代駅-川内駅が肥薩おれんじ鉄道に譲渡されている。
 九州新幹線の長崎ルートでは、並行在来線となる肥前山口・諫早間がJR九州から離れる予定であったが、なんと、JR九州はこちらも継続して経営することを決定。地元の反対に配慮したということであろう。
 今まで、新幹線の建設がJRの経営に悪影響を与えないようにと、並行在来線の切り離しが認められてきたのに、それを自ら崩すということは、経営の合理性が新幹線建設という「我田引鉄」に敗北したことを意味する。
 JR東海の中央新幹線の建設決定と、JR九州の並行在来線の経営継続決定・・。これらで、JR民営化の理念が崩されないことを祈るしかない・・・。