改革はどこへ行った?

 4月6日、日経新聞「中外時評」(平田育夫)が秀逸だ。「「優しい宰相」いつまで?」とちょっとわかりにくい見出しがついている。
 中身は、国交省の独立行政法人見直し、農地の大規模化、地方分権改革、医療費削減、ハローワーク市場化テスト、といった構造改革がすべて後退しているとの指摘。見出しの「優しい」は、福田総理が、反改革派に優しい、ということであった。
 私も、福田政権は反構造改革政権だと思っていたが、この時評を読んで、あらためて構造改革の全面的な後退を確認した。そういった反改革総理が、ねじれ国会ゆえに「道路財源の一般化」を言っても、何の説得力もない・・・。そんなことを改めて考えさせる時評だと思う。(ちなみに、ハローワークの改革には、自治労の反対で民主党が反対、とも指摘している。民主党もかつては郵政の労組の言うことを聞いて郵政民営化に反対。政権を狙う野党が、まだ改革に向けてスタンスが定まっていないところが、日本の政治の不幸なところか・・・)