松沢神奈川県知事と会食

 松沢成文神奈川県知事とは、10年以上のおつきあい。はじめは、確か民主党議員だったころの彼と「特殊法人改革」の議論をしたこと。国会議員の中の数少ない「改革派」の彼と意気投合。
 そのうち、松沢氏が「小泉さんをひっぱりだして、超党派の議員研究会をするから協力を」と頼まれて、「郵政民営化研究会」のチューターを引き受けました。1998年頃の話です。そこではじめて、小泉純一郎氏とのおつきあいもはじまりました。この研究会、会長が小泉氏、事務局長が松沢氏。会員に前原元民主党代表、中田横浜市長、堂本千葉県知事、上田埼玉県知事、嶋聡ソフトバンク社長室長ら(全員が、当時は国会議員でした)。国会では全政党が郵政民営化反対でしたから、大変な逆風の中での超党派議員研究会。私は、このメンバーに今でも絶大の信頼を置いています。小泉氏が、前原氏に信頼を置いているのも同じ理由。総理時代に前原氏が民主党代表になると、小泉氏のほうから「大連立」を呼びかけたほどです。
 松沢知事とは、その後神奈川県の水道改革などでご一緒。今回は、その水道改革のとりまとめの報告など諸々の相談で1時間半ほどゆっくり話ができました。
 知事室で昼食を共にしたのですが、この昼食代、神奈川県民の税金からいただきました。いわゆる知事の交際費です。「費目:懇談。出席者:松原東洋大教授、知事。支出額:1600円」
こんな形で、6月中旬に県HPで公開されるそうです。
 いいですね!この公開。県庁舎でお弁当を出していただくのも、県民の税金から!ということが、いただく側も強く認識できるのです。情報公開の大切さを再認識した出来事でした。もちろん、HP公開時にはこのブログで報告します!