栄養費

ナベツネさんが推進してきた「逆指名」で,アマ選手への小遣い提供が発覚。ナベツネさん以下,巨人の球団幹部の総退陣という事態に発展しました。
しかし,その事態収拾策に,真の問題解決の意欲はまったく見られません。
過去は追求せず。受け取った大学生選手への処分も甘い。巷間うわさされる,他球団へのチェックもなし。
これでは,問題を解決したことにはなりません。

実は私自身,すでになくなった大学球界の大御所の某大総監督が,実にカネに汚かった,自分の大学の選手を契約させるときに,相当額のお金を受け取っていた,という話を聞いていました。

今回の栄養費などの資金は,球団の運営費から出ているはずです。これが,会計や税の上ではどう処理されているのでしょうか?

私は,年数十億円の赤字を抱えるパリーグの球団の単独存続はむり,と言ってきました。だからこその,一リーグ制だったのですが,その大前提に,球団経営の情報公開が求められると改めて感じました。

公認会計士などのしっかりとした監査はもちろん,税務当局のメスも必要なのではないでしょうか?

問題を,単に一リーグか二リーグかに矮小化させてしまうと,プロ野球全体の衰退に歯止めがかからなくなるのではないかと懸念されます。

かつてと違い,サッカーという強力なライバルが存在するわけですから・・。殿様商売はもうむりなのです。