株主総会

私が非常勤取締役を務めているシンシアが、14日、株主総会。
非上場会社なので、出席株主もそんなに多くはないのですが、やはり緊張感がみなぎります・・・。

郵政公社も、10月から株式会社に。当初は、株主は国(財務省理財局)になるので、出席株主はほんの数人でしょう。しかし、法律に従って総会は進められ、議事録もとられる。国営公社時代とは、段違いの経営の透明化です。これだけでも、民営化した価値ありでしょう。

その後、郵政会社は上場を目指すことになります。そうなると、株主総会も多くの株主を相手にしたより緊張感の高いものとなるでしょう。ここで、郵政民営化の真価が問われるはずです。

(郵政公社からの返答、まだ来ません。もう、来ないでしょうねえ・・。それにしても、「無視」はきついなあ)