森本毅郎スタンバイ:プロスポーツを考える

プロ野球の経営は、じつは巨人頼み。阪神やヤクルトは、今年巨人戦とそれ以外とでは、観客動員に倍近い差が。テレビの放映権料も巨人戦ならでは、のもの。いまのドラフトの議論は、各球団平等にということだが、じつはプロ野球は、巨人が強くなければ経営がうまく行かないのでは?この矛盾を隠したままのドラフト論議、ちょっとおかしいような気もする。

野球とは逆に、全国区の人気球団はいらない、地域密着型で行こうとしたのがJリーグ。その結果は、惨憺たるもの。昨年は、清水エスパルスが経営危機に。今年は、横浜フリューゲルスが事実上、消滅。ベルディからは読売が撤退。ベルマーレも同様。

この不況期に会社名も出さずに、年間5億、10億出せというのは無理というもの。

Jリーグ型の理想追求型で行くのか、いまのプロ野球のように、巨人頼みで行くのか??

(放送中、阪神・大洋戦なんていってしまった。いまは横浜ベイスターズですよね。なんか、野球にはあまり興味がなくて・・。ごめんなさい。サッカーなら何でも来い、なんですが。ちょっと恥ずかしかった。)