森本毅郎スタンバイ:連合は何をやっている

行革会議の中間報告が,4日発表に。ここで思い出すのが,連合の芦田会長の行革会議での発言。(ちなみに,彼は15人のメンバーの一人)

労働省はそのまま

大蔵省もそのまま(財政と金融は分離しないでいい)

郵政事業もそのまま

自治省もそのまま(地方分権省と名前は変えるらしいけど)

要するに,ただの守旧派。なんでこんなことになったかというと,有力支持母体の言うことをただただ聞いただけ。これでは何も変わらない。こんな組織が日本の労働者を代表しているなんて,情けないの一言。(9月4日記)