森本毅郎スタンバイ:DVDコピー規制を考える

今秋にも発売されるDVD。コピー規制でごたごたしている。DVDの当初の目玉は映画。アメリカの映画産業が,DVDにふたつのいちゃもんをつけた。ひとつは著作権保護のためのコピー防止。もうひとつが,地域限定規制。これは,アメリカ向けソフトはアメリカで発売されるDVDプレーヤーでしか再生できなくすること。

今,CDは多くの輸入盤があり,もちろん日本で発売されるCDプレーヤーで問題なく再生できる。しかし,DVDはアメリカから輸入したソフトは,日本では再生できないことになってしまう。これでは,せっかくの新技術がだいなし。著作権は大事だが,これは行き過ぎ。

(時間切れコーナー)

パソコンソフトがいつのまにかプロテクトなしになったことを思い出すべき。また,いつの日か,DVDの映像収録限界=133分に映画の時間があわされるかも??