次の総選挙はばらまき対決に?

 バブルの崩壊は、自民党政治の崩壊でもあった。小泉内閣以前は、公共事業型の景気対策がまったく機能せず、財政赤字は拡大する一方。そこに登場したのが「自民党をぶっつぶす」として登場した小泉氏であった。
 民主党は、小泉登場以前は、旧来の自民党の政治を否定する「構造改革」を掲げていた。小泉氏が「構造改革」を主張したときに、改革の本家は民主党だ、といっていたほどだ。
 しかし、本来野党の政策である「改革」を(与党は基本的には保守なので・・・)、小泉氏が実施して国民の絶大な支持を得ると、野党としては、反小泉=反改革路線をとらざるをえなくなる。特に、国民に改革疲れが出ている今、反改革路線は有効だ。
 今の民主党の政策は、小泉以前の自民党ばりの「ばらまき」型だ。民主党内にすら、その「ばらまき」を支える財源を懸念する声が強いほどだ。
 一方、小泉後の自民党は、今回の福田改造内閣で、反小泉=反改革が明確になった。自民党内に強くある「ばらまき」期待への抑制はもうきかないだろう。本来、こういった旧自民党が復活した今こそ、民主党は本来の「改革」を主張すべきである。しかし、小沢路線の下、もう反構造改革の旗は降ろせない・・・。
 次の衆議院選挙は、ばらまきvsばらまき、の醜悪な政策対立?になる可能性が高い。その先にあるのは、財政赤字の拡大と、経済の低迷だけなのに・・・。これ以上、国民にとっての不幸な「究極の選択」はあるまい・・・。残念ながら、ばらまき自民vsばらまき民主に対抗する、改革の第三勢力が次の選挙に登場する可能性は低い。
 自民にせよ民主にせよ、大連立にせよ、次のばらまき政権で再び日本経済は、大きく停滞するのは間違いない。そのときに、はじめて「新構造改革路線」が出てくるのだろうが、そのときに日本経済に復活の力が残っているのかどうか、心配だ。