民主党には人材はいないのか?

 自らの党を「政権担当能力に疑問」、「衆議院選挙で勝てない」と批判して辞意表明した小沢氏を、慰留するということは、その小沢氏に変わる人材がいないことを天下に知らしめることとなった。
 安倍氏の辞任後、すぐに複数の候補が後継を争った自民党といかに違うことか。
 かつて民主党には、松沢成文、中田宏(民主党との院内会派)らの改革実力派がいたが、いずれも地方へ転出(松沢氏は神奈川県知事、中田氏は横浜市長)。また、岡田、前原といった党内に残った若手も、党首となり自滅・・・。
 日本に健全な二大政党を作り上げなければならず、結果的に政権交代が行われるべきであり、そのためにはなんとしても、民主党が力をつけなければならない。特に、自民党が自らの失策で参院選だ大敗北した今こそ、政権担当能力のある民主党をアピールするチャンスだったのに・・。
 小沢辞意表明でそのチャンスの半分を失い、小沢復帰でさらにその残りの半分も失ってしまったのではないか。次の衆議院選挙までに、民主党が信頼を回復するのは至難の業である