民主党の苦悩・・・

 民主党にとってのベストシナリオは、麻生総理による解散。不人気の麻生総理が陣頭指揮で選挙戦となれば、民主党にとって圧倒的に有利。小泉総理の時には、自民党の候補者は、総理との握手の写真を選挙戦のメインポスターに使っていました。
 今の自民党の候補で、麻生総理とにこやかに握手しているポスターを使う人はまずいないのではないでしょうか?
 逆に、民主党にとって怖いのが、自民党があっと驚く新鮮な候補を立ててくること。麻生内閣を追い込んで、解散にもっていければいいのですが、新内閣となると、また戦術の立て直しが必要になってしまいます。民主党が、予算案の衆院通過に事実上の協力をしたのは、麻生内閣を交代させないで、そのまま解散させたい、という思いの結果なのではないでしょうか。
 もう一つの民主党の悩みは、政権構想。今は、総選挙で勝利して、参議院でも過半数をとるために、「民主・国民新・社民」の連立を模索しています。小沢、亀井静香、福島瑞穂。この三人の顔を思い浮かべただけで、政策合意ができるとはとても思えません・・。
 小沢代表の頭の中には、亀井氏や福島氏とくむよりは、政策の近い自民党議員と組むほうが、政権維持がやりやすいという思いがあるのは間違いありません。おそらく、自民党内に手を突っ込んでいて、「脱党」させて、そこと連立を組むことも模索しているのでしょう。
 いずれにせよ、何らかの形で早く政界の混乱に終止符を打ってもらわないことには、日本経済沈没です。