民主党は小沢恐怖政治か・・

 民主党代表選が近づいてきた。野田佳彦広報委員長が出馬の意欲を示している。しかし、自派閥の議員の中に慎重論が強いという。立候補して反主流となることで、次の衆議院選挙での派閥議員の公認取り消しなどを恐れているとも言う。
 民主党が政策的に一枚岩なら、私は民主党代表選が一本化されることにそんなに違和感はない。しかし、15兆円ものばらまき政策に、ほんとうに財源的裏付けがあるのか?民主党の政策は消費税を上げずに実現可能なのか?
 この点の疑問は、党内でも解けていないはずだ。だからこそ、代表選で堂々と政策論争を繰り広げるべきなのだ。
 民主党には、党首選だけは自民党を見習ってほしい。選挙をしないで総裁を決めると、国民から「密室」、「不透明」との批判を浴びる。また、総裁選に立候補することで、将来の総裁候補であることを党内外に示してきた。小泉氏しかり、麻生氏しかり、だ。
 野田氏でも枝野氏でも誰でもいい。なんとしても民主党は代表選を行うべきだ。自民党の総裁はそのまま総理になってきた。民主党の代表も総理になる可能性が出てきた。代表選は日本の総理を決める選挙かもしれないのだ。