民主党代表選は拙速だ

 小沢代表の突然の辞任を受けて、民主党は16日(土)の代表選実施を決めた。これでは、政策の議論などできようもない。民主党は代表を、党内の思惑、で決めたいということなのだろう。
 今度の代表は、9月までに行われる選挙の顔であり、その選挙で民主党が勝てる可能性があるということは、その代表が日本の代表=総理になる可能性があると言うことだ。
 その代表を、どのような政策を行うのか、というセレクションなしに決めてしまう。小泉さんは、郵政民営化を掲げて総裁選に勝ち、その私を選んだのだから、と郵政民営化を党の公約にしていった。なぜ、こういう政策論争を民主党は回避してしまったのか。党内民主主義がない政党に「民主」を名乗る価値があるのだろうか、と言うのは、言い過ぎだろうか。