民主党新体制は・・・

「岡田さんは逃げない、鳩山さんは逃げる、これが私の率直な印象」。与謝野財務相の15日の発言だ。自民党からすると、政策的に怖いのは岡田氏だっただろう。「友愛」を掲げる鳩山氏のほうが、闘いやすい。
 しかし、岡田代表であったら、おそらく小沢氏は下野したはず。結果的に、鳩山代表の下に、岡田、小沢、菅と挙党態勢が出来上がり、選挙上手の小沢氏が、選対本部長的な立場となった。結果的に、総選挙を見据えた一番強固な体制を民主党は取ったと言えよう。ある意味で、小沢氏を完全に下野させて、国民の理解を得るのか、小沢氏の選挙手腕を買って、執行部に残すかの究極の選択の結果が、鳩山氏を代表に、ということだったと思う。
 民主党が先手を打ったので、次は自民党が何らかの手を打つのかどうか・・・。このまま鳩山新体制の高支持率が続くと、自民党も選挙の顔を誰にするのか、の議論が再燃するだろう。