水循環基本法・・

 京都大学の松井三郎名誉教授が中心になって、超党派で「水循環基本法」を作るための「水制度改革国民会議」が発足。私も、神奈川の水道改革で松井先生とご一緒した縁で参加しています。
 今日(8月5日)が、第一回の研究会。共同座長となっている中川秀直氏(自民)、川端正広氏(公明)、川端達夫氏(民主)、家西悟氏(民主)、田中康夫氏(新党日本)の5議員は、この総理退陣で緊迫する中、全員出席。頭が下がる思いです。
 水関連の法律が、30本以上もあり、縦割りの弊害が。これらを統合していこうという作業です。なんとかいい法律ができるように、がんばるつもりです。
 冒頭に、研究会のメンバー挨拶があったのですが、本来、私の水改革への関わりなどを述べるべきところを、ボケたくなってしまって、「超党派で立派な議員が集まった。政界再編で一つの会派になったら、超党派でなくなってしまう。」なんてバカな挨拶をしてしまって、反省。議員の先生方には大受けでしたが(苦笑)。